たこやきコロコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜日和

<<   作成日時 : 2008/04/05 23:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


新幹線のぞみから見る景色は飛行機より何倍も早く後ろに吹っ飛んでいって、一瞬見えるピンク色のぼんやりした固まりが満開の桜だと認識するころにはその姿はもう何百メートルも離れてしまい、二度と見ることはできない。

今回の帰国は桜を見に来たようなものだ。大阪に五日間、横浜に二日滞在したが、どこの桜も満開だ。一年のうちでほんの一週間、この桜の咲く時期に帰国できたのは本当に幸いなことだった。今まで満開の桜を見ることは普通に好きなのだが、これほど心に残る桜を見たことはないかもしれない。

それにしても何故こんなに日本人は桜が咲くのを楽しみにするのだろう。単に春の訪れを告げるだけなら、他の花でもいいはずだ。これは今回の帰国で一番良く考えたテーマだったが、自分なりに納得できる答えが見つかると何でこんなに簡単なことが解らなかったのかとちょっと白けた気持ちになった。

恐らくそれは日本の多くの仕組みが、この桜の満開になる4月初旬にシンクロナイズしているからなのだろう。新しい何かが始まる月。入園式、入学式、入社式、新学期、どれも今までの生活がリセットされて、新しい生活に対する期待や戸惑い、新しい出会いがある。そんな生活のスタートにまるで花火が上がるように一瞬咲く桜。

そんなことの繰り返しが心に刷り込まれて、もう本人はそれがどんな出来事かを忘れてしまっても、そのピンク色が何だか淡い昔を思い出させるものなのかもしれない。

今回の帰国で同僚の結婚式に参加した。新しい生活のスタートに最も相応しい花の咲く時期に結婚した二人はこれからどんな生活を送るだろう。二人が式を挙げた神社で力強く咲いていた桜をいつまでも忘れないで欲しい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですね。桜が満開だと、桜がお祝いしてくれている、応援してくれている、そんな気分になりますね。
私も桜大好きです。
takako
2008/04/08 21:53
桜ってどうしてあんなに申し合わせたように一斉に咲くんでしょうねえ。
「暖かくなったよなぁ〜」(桜A)
「あー春だもんな〜」(桜B)
「そろそろ咲いとく?」(桜A)
「だな〜週末の花見に間に合わないもんな」(桜B)
そんな会話をしていたら楽しいなあ。
mako
2008/04/09 06:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
桜日和 たこやきコロコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる