たこやきコロコロ

アクセスカウンタ

zoom RSS 海の男からの報告

<<   作成日時 : 2006/07/30 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像今日は友人と2人でキャップ・ド・アンティーブ(アンティーブ岬)に潜りに行った。

8:30に彼の家に到着し、直ぐに出発だ。

今日のポイントは、彼の家から車で3分、歩いて5分。

地元の人しか知らない絶好の穴場だ。

”今日は海が綺麗かなあ”
”魚たくさんいるかなあ”

などと二人で夢膨らませニヤニヤしながらポイントに向かう。

キツキツのウエットスーツを着込み、8kgのウエイトを付け、グラブ、シューズとフィン、ヴイ、水中銃を持っていざ出発だ。

魚を突くには本格的な水中銃を使う。

昔遊びで使っていたヤスなどとはレベルが違う。

銃の長さは1m弱、アルミで出来た矢をセットし、太いゴムを思いっきり引いて矢にセットする。後はピストルを撃つ要領で魚をしとめる。僕のは初心者向けなので、射程距離は2mくらいだが、慣れてくるともっといけるらしい。

ウエットスーツは5.5mm。今の季節にはちょっと厚いが大丈夫。

浅瀬ではたくさんの魚の群れと出会う。多くは鰯の稚魚でアンチョビの材料だ。

水深5mを越えると眼を凝らしても海の底は見えず、ただ深い青が静かに広がっているだけだ。

潜ってみたい気もするが、怖さでシュノーケルの息が荒くなる。

今日は2時間半くらい潜っていた。前回から比べたらかなり記録を伸ばしたことになる。

さて今日の収穫は。。。。。

タコは残念ながら見かけなかった。ちょっと外出していたのかもしれない。

友人は魚を1匹仕留めたが、瀕死のまま網から逃げてしまったらしい。

なに、夏はまだまだ続くさ。

そのうち油断している魚にも出会えるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
凄い重装備ですね〜
ところで
フランスではタコを食べるんですか?
るぅ〜しぃ
2006/07/31 00:31
はい、装備が重すぎて泳げません(笑)8kのウエイトが辛かったので6kに減らしてみたら、オシリからプカーと浮いてしまいました。フランス人にとってタコはポピュラーではないようです。タコにとってはパラダイスかもしれません。彼らの油断している隙に。。。
Mako
2006/07/31 04:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
海の男からの報告 たこやきコロコロ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる